たまには付き合ってあげて

先日、職場の上司に飲みに誘われまして。まぁ私も嫌いなわけではありませんからお付き合いさせていただいたんですけど、話を
聞くと最近は一緒に飲みに付き合ってくれる若手が減って寂しい、というのです。いやいやアンタ自分の立場考えなよ、副部長という
立場で若手が緊張しないわけないじゃん、と突っ込みたくなりましたが、気持ちはわからなくもありません。私の世代は飲みニュケーション
と言って、酒の席も社内での人付き合いを円満にする手段の1つ、という認識でした。
しかし現代ではそういうのもパワハラとか言われてなかなかできなくなりました。特に女性の場合はプラスセクハラとか言われて
場合によっては社会人生命を絶たれかねない事象にまで発展しかねんませんから。そうなると男性はともかく、若手の女性職員とは
どうコミュニケーションを取ったらいいものか、という悩みが出てきます。ですが、若手に対しては社会人の先輩として、あるいは職場の
上司として、男女の区別なく人付き合いのやり方というのも指導していかなくてはなりません。そう考えると存外に厄介な問題
なんですよね、そういう上司部下がフランクに話し合える場が使えない、というのは。女性の側から見たら格好のセクハラの場、と
思うでしょうけど、それは認めます。残念ですが、そういうのが目的の人も確かにいます。しかし大抵は本当に、ただ単純に若手と
コミュニケーションを取りたいだけなのです。というアレで、世の若手女性職員の皆さん、これも人付き合いのやり方を学ぶ
一環として、たまには上司の酒の席に付き合ってあげて下さい。もしかしたら、意外な発見があるかもしれませんよ。