助産師として突き進んだ結果

産婦人科での看護師勤務は産科と婦人科とに分けられる。
ここで、どちらの分野に進みたいかをよく考えて働く場を選ばなければならない。
その選択に関わる重要な点は、助産師資格だ。
助産師になるためには助産師資格がまず必要である。

もちろん、産婦人科で働く看護師に、助産師の資格は必要ではない。
それは、助産師と看護師の業務内容が異なるためだ。
しかし、新しい命の誕生に立ち会える場所にいながら、直接に関われないのは残念だ。
できれば、助産師の資格も獲得したいものだ。

産婦人科で働く看護師の主な仕事に、妊婦の様々なケアや、陣痛などのチェックがある。
しかし、実際の出産に立ち会っていない産婦人科もあるようだ。
その点は事前に確認しておくべきだろう。

婦人科の看護師としての業務として、生理不順や婦人科形成など若い女性のデリケートな疾患に対する対応や、
女性特有の悩みなどに役立ちたいと考えている看護師は、産婦人科での仕事がマッチしている。

また産婦人科は他の科目と比較して、より専門性が高い分野なので、給料面も高いという期待があり希望する人も多いだろう。
しかし、わが国における少子高齢化という人口減少や看護師数の激減などから、
産婦人科で看護師を受け入れようとしている病院やクリニックは、年々減っているのが現状だ。

そんな状況を踏まえた上で、看護師として産婦人科で働くためには助産師の資格を取得するのがベターだろう。
当然だが、ダブルライセンスとなるので、給料面は高くなる。やりがいが倍増することにも繋がるだろう。

助産師の主な仕事は分娩。
自然分娩を売りにしているクリニックでは、夜勤あけなのにオンコールを受け持つことがある。
男性ドクターだけでは、分娩はNGだから夜勤はどうしても助産師がかぶる。
勤務の過酷さに体力との闘いがのしかかる仕事です。
年頃になると恋愛・結婚・出産を考えますが、とうとう50歳になり未だ独身。

もう何ごとにも愚痴れない年齢で、ママ相手の仕事。つらいです。